教員EAプロジェクト   「教育実践」「研究開発」の募集

昨今、学校現場では様々な課題に追われ、疲弊気味の教員が増加したり、多忙さの報道があったりして、教員志望が減少傾向にあります。

そんな中でも頑張っている教員がたくさんいます。そんな頑張っている先生方を積極的に評価し、素晴らしい取組を積極的に広報することで、教職の魅力化と県内の先生方に元気を与える取組として「教員EA(Excellent Activity)プロジェクト」を実施します。

岐阜県内の公立幼稚園等・公立小中学校・義務教育学校・特別支援学校の教員個人または団体 を対象に、「教育実践部門」と「研究開発部門」の2部門で先生方の創意工夫された実践や先進的な取組を募集いたします。

詳しくは、下記の募集要項をご覧いただき、是非とも応募いただきますようよろしくお願いします。

○教員EAプロジェクト実施要項

○教育実践部門応募資料

○研究開発部門応募資料

 

第1回教員EAプロジェクト 受賞者決定!

<教育実践部門>

最優秀賞:恵那市立東中学校区英語科教員(代表;勝川 秀樹 様) 「恵那市の魅力を英語で発信しよう」

優秀賞:揖斐川町立谷汲中学校(代表;香田 勝頼 様) 「世界の谷汲~谷汲を世界へ発信~」

優秀賞:北方町立こども園(熊田 亜希子 様) 「多様で豊かな体験活動を通して『非認知能力』を育てる」

優秀賞:羽島市立正木小学校(野田 美佳 様) 「通級指導教室(自閉)における指導の創意工夫」

優秀賞:羽島市立正木小学校(淺野 由香 様、淺井 洋美 様) 「幼保小連携による小1プロブレムの解消」

優秀賞:羽島市立桑原学園(代表;平倉 一輝 様)「『考えるための技法』や『シンキングツール』の活用」

<研究開発部門>

研究奨励賞:岐阜市立方県小学校(松岡 猛 様)

「3校合同学園構想(小規模校×3=中規模校) ~小規模校でも学びの質を担保する新しい学校の在り方~」

 成果報告書(方県小学校 松岡 猛 様)